Schwarz Lanzenreiter forward

PetitMsg

ちびっこメッセージボード

Perl4


PetitMsg とは

PetitMsg は一言メッセージをもらいたい時用のシンプルな掲示板です。 1行レスタイプの掲示板として使うもよし、ページ内の 300 x 100 程度の小さな IFrame 内に表示するもよし、 メッセージの送信用にして管理人しか内容を読めないようにするのもよし、と、使い方は色々です。

Sample

1行レスタイプ

Sample Page

IFrame タイプ
Messege [Sample]

▲ TOP

ダウンロード

現在のバージョン 0.1

PetitMsg [DownLoad]

書庫の中身

▲ TOP

設定

パスの変更
まず axis.cgi を開いたら(テキストエディタで開くことが出来ます)一行目の

#!/usr/local/bin/perl

を環境に合わせて書き直してください。解らない場合はサーバ側の FAQ 等に書かれていますので参照してください。
パーミッション
  • petitmsg.cgi [755]
  • log.dat [666]

サーバ側で推奨のパーミッションがあればそちらを優先。

▲ TOP

FORM の記述

基本型

コメント入力のみ

Sample & Source
<form method="post" action="petitmsg.cgi">
<input type="text" name="ucomment" value="Messege" size="30" maxlength="100">
<input type="submit" value="送信">
</form>

Textarea なら

Sample & Source
<form method="post" action="petitmsg.cgi">
<textarea name="ucomment" cols="30" rows="4">Messege</textarea>
<input type="submit" value="送信">
</form>

パスなど値は必要にあわせて変更してください。

拡張型

必要であれば必要な部品を <Form> 〜 </Form> に記述

Sample & Source
名前入力用
<input type="text" name="uname" value="NAME" size="10" maxlength="20">
メール、URL入力用
<input type="text" name="uaddr" value="Mail or URL" size="10" maxlength="100">
プログラムは http:// から始まってれば URL とし、それ以外はメールアドレスとして扱います

文字色を任意に変更させたければ

Sample & Source
<select name="colorz">
<option value="#000000" selected>黒</option>
<option value="#0066CC" style="background-color:#0066CC">青</option>
<option value="#FF3333" style="background-color:#FF3333">赤</option>
<option value="#006633" style="background-color:#006633">緑</option>
<option value="#888888" style="background-color:#888888">灰</option>
<option value="#3399FF" style="background-color:#3399FF">水</option>
<option value="#FF6600" style="background-color:#FF6600">橙</option>
</select>

option 要素の value に好きな色をそのまま記述する。好きな色をその数記述するだけ。

▲ TOP

設置例

IFRAME を使う

Sample & Source
<form method="post" action="petitmsg.cgi" target="petitmsg">
<input type="text" name="ucomment" value="Messege" size="30" maxlength="100">
<input type="submit" value="送信">
<iframe name="petitmsg" src="petitmsg.cgi" width="300" height="100"></iframe>
</form>

POINT : パスを通し IFrame の name と Form の target を合わせる。

1行レス タイプとして使う

petitmsg.cgi ソース内のHTML出力箇所を適当にカスタマイズしてください。

出力 Sample

内容を管理者しか読めないようにする

入力、投稿フォームのみ置きます。 petitmsg.cgi ソース内で設定できます。

▲ TOP

JavaScript

フォーム未入力の際にアラートを出す JavaScript です。必要であればコピペして使ってください

例 : <form onsubmit="return checker(this)" name="msgFm" action="略" method="略">

と onsubmit="return checker(this)" を書く。
そしたら <HEAD> 間に以下のソースを貼る


<script content="text/javascript"><!--
function checker(_f)
{   
    var msg = "";
    if (_f.uname && (_f.uname.value=="" || _f.uname.value==valz.uname)) 
            msg = "名前を入力してください\n";
    if (_f.ucomment.value=="" || _f.ucomment.value==valz.ucomment) 
            msg += "本文を入力してください";
    if (valz.posted) 
            msg = "重複投稿です";
    if (msg) { 
            alert(msg); return false; }
    else valz.posted = true;
}

function checkVal()
{
    valz = new Array();
    valz.posted = false;
    for (var o,j,i=0; i<document.forms.length; i++)
        for (o=document.forms[i].elements, j=0; j<o.length; j++)
            if (o[j].name == "uname") valz.uname = o[j].value;
            else if (o[j].name == "ucomment") valz.ucomment = o[j].value;
}
onload = checkVal; // -->
</script>

▲ TOP

FAQ

日本語がへん
そんな時はjcode.plをもらってきて cgi のあるディレクトリに放り込んでみてください。ファイル名、パスは petitmsg.cgi ソース中を修正してください。

[PageTop] [Back]

Copyright(C) 2002-2004 kerry.